数学と金融のはなし
単利計算≒複利計算  単利計算と1次の近似式

 数学の理論が応用されている金融・経済の話を紹介しました。高校生が充分に理解できる範囲での解説です。
  

牧場の柵は、遠くから眺めると曲線を描いていますが、実は、直線的な木の棒をつなげて作られています。1日の売り上げから、それを7倍して一週間の売り上げの見当をつけることができます。これらの考え方を式にしたものが1次の近似式です。

複利計算の式に1次の近似式を応用するとどうなるか?というのが、ここでのテーマです。答えは、『単利計算の式になる』ですが、これについて解説しました。

 WORD版