簡単!
切って貼るだけ!


ご意見・ご質問


ここで紹介するブラックボックスは、携帯に便利なミニサイズのものです。
展開図を切り抜いて、折り曲げて、貼りあわせるだけで、手軽に作れます

《展開図( Word版 PDF版 )を付けましたので、利用してください。》


 
 @ おもてに「xの値」、裏に「yの値」を記入したカードを箱の上から中へ落とします。
 A 下から、裏返ったカードが出て来ます。

「1」のカードを入れると

 「2」が出てきました

使
 @ おもてと裏に数字を書いたカードを2〜3枚入れて見せます。
 A どんな関数か推測させます。
 B おもてに文字「x」、裏に答えの関数の「式」を書いたカードを入れて正解を示します。

x 」のカードを入れると

 「 2x 」が出てきました


 @
展開図Word版 PDF版を印刷してください。
 A 展開図はそのままでは小さすぎるので、拡大コピー(A4→A3)をして、
   工作用紙(厚紙)に貼り付けて、実線に沿って切り取ってください。
 B 点線で折り曲げ、網がけ部分を糊で貼りあわせて箱の完成です。

滑り台を貼り付ける

 

 

両側面を貼り付ける

前面を貼り付ける
    

 

上蓋を貼り付ける

完成

    


 D 次にカードを作ります。同じく展開図を利用してください。

切り取って数字や文字を記入

 

 
 @ 箱の前面に「f(x)」とか「関数」とか書いた、看板をつけると「関数の箱」らしくなります。
 A 関数以外にも使えます。数字や記号のカードばかり入れるのではなく、絵を描いたカー
   ドを入れるのもありです。

看板枠を貼り付ける

看板を差し込む

 


   素数