放物線ボード と 定義域シート

2次関数の最大、最小の指導に使っている教具です。
材料は、100円均一ショップで手に入ります。しかも、簡単に作れます。

 頂点の位置の場合分け     @定義域の左外側  A定義域の内側  B定義域の右外側
 最大値(最小値)を取る位置  @定義域の左端    A頂点        B定義域の右端

放物線ボード
材料 硬質プラスチックカードケース(B4版) 
    ビニールテープ セロファンテープ 磁石付きクリップ

@硬質プラスチックケースを2枚に切り開く
 縁の厚い部分をカッターナイフで切り落とし、2枚に分離します。
 
Aセロファンテープでつなぎ合わせる。
 
B白いビニールテープで放物線を描く。
 テープは、ロールから剥がす前に半分の幅に切りました。
 伸び縮みするので簡単に一筆書きできます。
 
C磁石付きクリップに挟み黒板に貼り付ける
 はさむ部分に滑り止めのビニールテープを貼り付けました。
 定義域の左右の端をチョークで描き、その上にボードを貼り付けます。

※使わないときは、つなぎ目で2つ折りにして、収納します。
※軟質プラスチックカードケースでも作ってみましたが、下の方が捲れ
 上がり使いづらいです。
 
 
定義域シート

材料 カラークリアホルダー(A4版) 
    ビニールテープ 磁石付きクリップ

@クリアホルダーを切り開く
 
A白のビニールテープで、定義域の両端と中点を表す線を引く
 
B磁石付きクリップに挟み黒板に貼り付ける