ゲーム代はいくら?

 オプション取引をコイントスゲームに置き換えて考察します。
 実際に数学Aの考査の出題に利用した題材です。

テーブルの上に100円硬貨の山がある。この中から10枚を取り出し、状に積み上げておく。そして、山から1枚を持ってきて投げる。

 @ 「」ならば・・・投げた硬貨を柱の上乗せ、

          次に投げるための1枚を山から持ってくる

 A 「」ならば・・・投げた硬貨を山の中に入れ、

          次に投げるための1枚を柱から取る

この、@またはAの操作5回繰り返して終了する。終了時点で、柱状に積まれている硬貨が10枚を超えていたら、その超えた分を賞金とする。

さて、このゲームの参加料はいくらとするのが適当だろうか?

更に、「途中で終了して、賞金を受け取ることもできる」としたら参加料は?

 といったことを考察します。
  

 Click  パワーポイント版 ワード版

 パワーポント版では二項定理で、ワード版ではパスカルの三角形で解説。