母集団の平均値・分散の推定

 なぜ、n−1で割ると母集団の分散の推定値となるのか。「標本数がn個あっても、n−1個の値が決まると残りの1個の値は自動的に決まってしまう。つまり、自由に値が決まる標本は実質n−1個だから」という説明では良く分からなくてモヤモヤしているという方へ。ここでは、そのモヤモヤ感の解消を目指します。

ワード版   PDF版